花しゃん 口コミ 実際に母にプレゼント!!頭皮改善記録!

母にプレゼントした「花しゃん」が到着しました。

 

僕の母は薄毛で悩んでいました。

 

上記の写真は3本目の「花しゃん」が到着した時の写真です。

 

生え際の薄毛に悩んでいた母がどのように薄毛を解消していったのか、話していきたいと思います。

 

うちの母と同様に、薄毛や抜け毛で悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

 

 

うちの母親が年齢と共に薄毛が進んできました。

 

薄毛だった当時、母は自分でも気にしているらしく、私に対しても薄毛に対して事あるごとに愚痴をこぼします。

 

僕から見た感じではパッと見ハゲているというほど酷い状態ではないんですが、よく見ると生え際が確かに薄くなっている感じはあります。

 

 

 

うちは男ばかり3人兄弟で、母は父と共に共稼ぎで働いてました。・・・・と同時に家事も育児もしてきた頑張り屋さんです。

 

母にはこれからも、まだまだ女性としてもオシャレで若々しくいて欲しと思っていますし、薄毛で悩んで欲しくないですしね。

 

 

母親には姉妹がいるのですが、妹の方は未だにふさふさで、遺伝という事はなさそうです。何とかしたいと思い、パソコンができない母の代わりに調べてみることにしました。

 

 

人間の髪の毛は全部で15万本ほどあると言われているようです。

毛髪の生え変わるサイクルがあって、

 

成長期 → 退行期 → 休止期

 

というのを繰り返すのが髪のサイクルです。

 

 

男性ではこのサイクルが3年〜5年程度。女性なら4〜7年程度ということがわかりました。

 

髪の総量の85%が成長期らしいので、抜け毛の周期を5年として考えると・・・

 

15万本÷(365日/年×5年)= 約82本/日

 

になるということがわかりました。

 

 

母親の抜け毛量が、これよりも多いと、何かがおかしいということになります。母に尋ねると、明らかに1日の抜け毛は多いそうです。

 

 

一般的に女性の薄毛の原因は2つのパターンによるものが多いそうで、

 

 

 

 加齢による女性ホルモンの低下による抜け毛。

 

要するに、女性ホルモン量が減ることによって、男性ホルモンが増えてしまうことにより、男性的にハゲるということらしいです。

 

 頭皮の血行不良。

 

原因がなかなか特定できないものの、症状として頭皮が青白くなくて、赤い感じなら血行不良ということらしいです。

 

改めて母の症状と薄毛要因を照らし合わせてみる・・・

母親に照らし合わせると、確かに加齢が原因なのかもしれないんですが、妹がフサフサを考えると女性ホルモンが減少しているとも思えない。

 

ただ、女性ホルモン量を増やした方がいいのは間違いないようなので、それを増やすために「豆乳」を毎日飲むことを勧めました。

 

豆乳には女性ホルモンであるエストロゲン似た大豆イソフラボンが多く含まれています。

 

 

そして、さらに母親の頭皮を確認すると、頭皮が赤みがかっていました。

 

これはやはり血行不良かと思い、通常のシャンプーをやめて自然な成分でできているシャンプーに変え、マッサージを行うように言いました。

 

シャンプーは同じような薄毛の女性向けのシャンプーで何か良いものはないかと探したときに見つけたのが「花しゃん」です。

 

 

ただ、これだけでも弱いと思ったので、適度に運動を取り入れ、血行を促進することも取り入れ、3つの改善案で母にやっていくようにアドバイスしました。

 

 

 

 

花しゃんを注文

 

 

 

 

母が言うには花しゃんを使ってから、頭皮がすっきりした感じがすると言っていました。

 

特に、使って1週間ぐらいで髪質に変化が表れてて来た感じです。

 

花しゃんを使うようになってトリートメントはやめたのでパサパサな仕上がりになるかと思っていたそうですが、そこも問題なかったようです。

 

 

 

「花しゃん」と並行して、豆乳と散歩を続けていった結果、母の髪はかなり改善されました。

 

 

 

 

これは、最初の頃に撮った写真ではなく、すでに「花しゃん」使い始めて2週間ぐらい経ってしまっていたので、違い的に見栄えがしっかりはわからないんですが、3ヶ月経った今とではやっぱり明らかにボリュームが違います。

 

 

母親も、薄毛の悩みから解放されて明るくなりました。まだ50代前ですからね。これからまだまだオシャレしたいだろうし、心も元気で過ごしてほしいです。

 

 

薄毛改善は1つに頼らずいろいろやってみることが大事?

まだ、うちの母親の場合、僕から見て薄毛程度が軽かったので、少しの期間で、薄毛解消することができたので良かったです。

 

 

「花しゃん」だけに頼って、後は何もしないというよりは、薄毛に対して改善できそうなものは何でもやるという方が結果は出ると思います。

 

 

たけし軍団の水道橋博士も薄毛で殆どハゲていたときに20種類以上の薄毛に効く方法を同時に試したそうです。

 

それによってハゲを克服したけど、結局、何が一番効果があったのかわからないらしいんですが、水道橋博士は相乗効果で改善したと言ってたのが印象的でした。ww

 

 

 

うちの母は

 

「花しゃん」 + 豆乳 + 運動

 

で頭皮の改善を2か月間しっかりしてから、自分で効果を実感した後に女性用の育毛剤も使いました。

 

  
⇒ 女性の薄毛、抜け毛専門の育毛剤「CA101」

 

 

CA101という女性育毛剤で、雑誌にも多く紹介されていたものだったので、僕が母の為にプレゼントしたものです。

 

薄毛改善のプロセスとして大事なのは、頭皮下地を改善してから育毛剤を補助的に使うという事が書かれていたのでその通りに実践しました。

 

ただ、注意は、頭皮改善していないのに、育毛剤をいくら頭に塗布しても効果は発揮されないようです。

 

 

2ヶ月間の母の頭皮下地を改善した後だったので、母の感想では、さらに髪の艶やコシもしっかりしてきたと喜んでもらえました。

 

 

いずれにせよ、女にとって髪は大事ですので、うちの母親の薄毛改善が参考になれば嬉しいです。

 

母親が薄毛だと、本人はもちろんですが、息子である僕も悲しくなりますので!